物欲が火を噴いた。

このエントリーには写真はありません。
IYHした(パソコンを買った)自分を納得させるためのエントリーです。


 *     +    巛 ヽ
            〒 !   +    。     +    。     *     。
      +    。  |  |
    *     +   / /   イヤッッホォォォオオォオウ!
        ∧_∧  / /
      (´∀` / / +    。     +    。   *     。
      ,-     f
      / ュヘ    | *     +    。     +   。 +
     〈_} )   |
        /    ! +    。     +    +     *
       ./  ,ヘ  |
 ガタン ||| j  / |  | |||
――――――――――――


土日に海の日を加えた3連休を頂いた。3日目、つまり今日のことだが物欲が火を噴いた。

パソコンを新調することにした。いま使っているノートパソコンは学生の頃に買ったDellXPS L322xで、気づくと6年選手になっていた。Intelが提唱していた(している?)いわゆるUltrabookのパソコンで、光学ドライバを搭載せず、ストレージはSSD、薄型軽量を目指したもの、言ってみればWindows版のMacBook Air的な存在だったと思う。L322xはDellの提供するUltrabookとしては2世代目の製品だった。第3世代Corei5、メモリ4GB、SSD128GB、厚さ18㎜、HDディスプレイ、アルミ削り出しボディ、キーボードの打鍵感もいい感じ。いまでも十分(?)戦えるスペック感で、あんまり不満がない。なんなら非常に気に入っている。価格コムを調べても満足度4.86を叩き出しており、世間的にも高い評価を得ていた模様。我ながらいい買い物をしたものだ。
kakaku.com

だが、パソコンを新調することにした。

もう少しサクサクRAW現像ができたらと思うのだ。

候補は3つあった。

  • タワー型デスクトップPC  ごりごりGPUを載っけたモンスターPCを買う案
  • NUC  Intelのドクロの奴(8i7hvk)を買う案。ハイパフォーマンス型かつ、省スペース的な案
  • ノートパソコン  CPUの性能向上に期待して単純に最新のノートパソコンに置き換える

個人的にこれまで自宅にデスクトップPCを設置した経験がなく、パソコン=ノートパソコンのイメージが強い。上の二つの案はあまり有力ではなかった。 また、予算的な意味で、ディスプレイ、キーボード、PC用デスクなど周辺環境を一辺にそろえるのも厳しいので断念したという理由もある。 ノートパソコンというとMacBookを使っている人も多いらしいが、仕事でもプライベートでもMacのパソコンを使ったことがないため、食わず嫌い的に選択肢はWindowsに絞られた。

Surface Proもスマートな感じが好ましく選択肢に入った。Surface Penで華麗にRAW現像してみたい気もした。しかし、ファンレスだというのが少し気になった。静音性という面ではメリットかもしれないけど、古い頭の持ち主なので放熱性の面でちょっと不安感が残る。また、キックスタンド+キーボードカバーで、ノートパソコンライクに使えると聞くが、本体(ディスプレイ)側の重さが支配的なので、膝置きが不安定とのうわさを聞いた。これもソファでカタカタしたい個人的な利用シーンからするとNGな感じ。

満足感の高かったDellのUltrabookのまま、最新の2018年版にそのまま買い替えるという案もあったのだが、今回はあこがれのThinkpadを買うことにした。 IBMからlenovoブランドになって久しいが、なんだかんだあの赤いトラックポイントは唯一無二のシンボルだと思うのだ。 ThinkpadにもX1系というUltrabook的なラインナップがあるのだが、拡張性と携帯性を両立させたT400s系と実機を比較したところ、不自由するほどの違いを体感できなかったので、T480sにすることにした。 4k、5kディスプレイが当たり前になっている昨今、14インチFHDのディスプレイはあんまりモダンな感じがしないのと、そもそもT400系のディスプレイは色再現があんまり良くないという意見があるので、カメラ趣味用という意味では少し心配だが、これまでのHD解像度に比べれば改善こそすれど、悪化はしないと信じている。いざとなればそれこそ4kディスプレイの導入を考えよう(?)。

びふぉあ XPS L322x あふたー Thinkpad T480s
CPU Core i5-3337U
(1.8GHz, 3MB キャッシュ)
Core i7-8550U
(1.80GHz, 8MB キャッシュ)
メモリ 4GB 8GB+空きスロット1*1
ストレージ 128GB SSD 256GB SSD*2
ディスプレイ 13.3インチ HD 14インチ FHD
重さ 1.32kg 1.32kg
幅x高さx奥行き 316x18x205 mm 331x18.45x226.8mm*3

あー早く届かないかなー。

あと、地味にこの記事が気になっているので、折を見て外付けGPUも導入してみたい。
camera10.me

最終的にはタワー型デスクトップ案以上の出費になりそうなのはご愛敬。

*1:T400系は裏蓋が簡単に外れるらしいので、24GBへ増設予定。

*2:ストレージについても同じく、NVMe SSDへ換装したい。

*3:サイズ感は縦横20mmずつ大きくなるらしい。

神代植物公園へ行ってきた。

おひさしぶりです。気づくと最後に更新してから、2ヶ月経っていました。時が経つのは早いですね。僕は元気です。


以前、知り合いのカメラ小僧に誘われて府中郷土の森へ行ってきたと書きました。
zap-eel.hatenablog.com
今回も同じメンツにお呼ばれしたので、二つ返事で参加を表明。神代植物公園まで行ってきました。


まずは入口付近の牡丹
DSC_4038_00006

DSC_4013_00005

DSC_4005_00004

DSC_3995_00003

牡丹というと、丸い花のイメージがあったのだけど、よくよく見てみると同じ丸でも平面的だったり立体的だったりバリエーションがあった。中には花びらが長く、あんまり牡丹ぽくない(?)品種もあった。


続いてバラ園。

DSC_4413_00033

DSC_4408_00032

DSC_4246_00018

DSC_4245_00017

DSC_4225_00016

DSC_4221_00015

DSC_4218_00014

DSC_4165_00011

DSC_4117_00010

DSC_4097_00008

牡丹園を越えた先には、その牡丹園の10倍は余裕であろうかという広大なバラ園が広がっていた。 写真を撮るのはとても楽しかったのだが、強い日差しでふらふらになりながらシャッターをきった。強風でバラが揺れているのか、日差しで自分がふらついているのか。水分補給、大事。


昼ごはんをお隣、深大寺のお蕎麦屋でとり、最後に温室へ向かった。

DSC_4389_00031

DSC_4386_00030

DSC_4379_00029

DSC_4338_00026

DSC_4440_00036

DSC_4367_00027

DSC_4326_00025

ハイビスカスというと、小学生の頃の派手目の同級生が好んでいた印象が強く、なんとなく苦手な印象があったのだけど、大人になったいま改めて見ると、素直に素敵だと思えるようになった。


みんな大好き真上構図。

DSC_4415_00034

DSC_4370_00028

DSC_4316_00024

DSC_4306_00023

DSC_4295_00022

DSC_4275_00020

自分でもワンパターンだと思う反面、なんだかんだやっぱり好きなのだ。


最近カメラを持って出かけられていなかったのだけど、今回の撮影会を通して、やっぱり写真を撮るのは楽しいと再確認できた。ファインダーを覗いてアレコレ考えている時間は夢中になれる。趣味って大事ね。

あと当日撮影した写真を見返して思ったのだが、写真の構図の引き出しが少なくなっている気がする*1*2。勘所を取り戻したいところ。

*1:もともと引き出しが少ないという意見もある。

*2:あと現像の仕方にも引き出しの減少が見て取れる。

招き猫まみれ。

豪徳寺に行ってきました。

twitterでかわいい招き猫を見かけたので、豪徳寺へ行ってきました。

招き猫。

DSC_3152_00012
大小様々な招き猫が奉納されていました。よく見ると表情も様々。

DSC_3132_00005
灯籠の脇にも豆粒大の招き猫が。一円玉と比べるとその豆粒さが際立つ。

DSC_3144_00009
みんな大好き真上構図。

DSC_3148_00010
一匹ずつは可愛いが、これだけ並んでいると不気味さも漂いはじめる。

DSC_3139_00006
足の踏み場もないし、招き猫の置き場もない。


招き猫以外。

DSC_3186_00017
境内のモミジの種が実りかかっていた。快晴に鮮やかなピンクが映えて綺麗。

DSC_3169_00016
絵馬にも招き猫。

DSC_3167_00015
境内の三重塔。逆光で真っ暗だけど、よく見ると軒下にも招き猫がお供えされていた。


周囲の様子。

DSC_3218_00021
豪徳寺の近所。空間に余裕のある町並み。「さすが世田谷区」って感じ。

DSC_3123_00002
最寄りの駅、世田谷線宮の坂駅

DSC_3222_00001
この駅には改札がなく、電車に乗るときに前払いする形式だった。バスっぽい感じ。

DSC_3219_00022
レールが草で覆われていていい感じ。


閑静な住宅街の真ん中に突然現れる招き猫空間。
招き猫押しが強かったけど、境内には井伊直弼の家系のお墓もあったりと、結構由緒正しいお寺なのかも。
世田谷線も招き猫のラッピングカーが走っていたりと結構興味深い路線だった。他の駅も探索したい。