ウルトラ植物博覧会は今年もやっぱりウルトラだったという話。

「ウルトラ植物博覧会2016」 西畠清順と愉快な植物たち

がポーラ ミュージアム アネックスにて開催されていたので、写真を撮りに行ってきた。

www.po-holdings.co.jp


ポーラ ミュージアム アネックスは東京メトロ銀座一丁目駅周辺に位置している美術館。ポーラ銀座ビルの3階のフロア全面が美術館になっていて、毎回趣向を凝らした企画展示がされている。そんなに広いわけではなく30分ほどで見学できるので、銀座に用があるときなどふらっと立ち寄ることが多い。

展示物や展示方法、ライティングなんかも凝っているので見ていて本当に面白い。 加えて写真撮影OKの展示が多いので、写真撮りに行くのも面白い。 毎度毎度展示を本当に楽しみにしている。


今回は、前述のとおり「ウルトラ植物博覧会2016」が展示されていたので見に行ってきた。 プラントハンター清順氏が世界から集めてきた珍しい植物を、陶芸家 内田鋼一氏の提供する器に植えて展示していた。 展示会場はスポット光源が多用されており、光と影で植物や器のテクスチャが際立っていた。 少し目線の角度を変えると影の様子がガラッと変わり、一つの植物をずっと眺めていられる。 展示は全体的に暗かったので、高感度+絞り開放で撮った。いつも通り開放スキーな写真です。


DSC_0011
コウモリラン。

DSC_0034
イガゴヨウマツ。

DSC_0044
リュウゼツランの仲間(だったかな?)。

DSC_0031
フィロデンドロン ベルコーサム。サトイモの仲間だという話。言われてみれば葉っぱの形が似ている。

DSC_0027
名前のメモがなかった。バラの仲間だったかな?

DSC_0024
パラシュートプランツ。

DSC_0023
パンヤ。チーク。ノコギリヤシ

DSC_0001
カウリ。

DSC_0028
リトルサムライ。侍?

DSC_0017
ウルシの仲間。

DSC_0056
このウルシの仲間。数百年かけて成長するらしい。気の長い話だ。

DSC_0058
屏風の表の鉢植えと、屏風の裏から差す影。

DSC_0003
プラントハンター清順氏と「そら植物園」の活動にまつわる年表。世界を飛び回り活躍されている様子がよくわかる。


Sarcodactylis 実は去年の今頃もウルトラ植物博覧会が行われていた。その時に撮った写真はこんな感じ。開放スキーは死んでも治らなそう。


ウルトラ植物博覧会の会期は9月25日まで。オススメの展示会だと思うので。機会があればぜひ行ってみたらいかがでしょうか。

広告を非表示にする