電気びりびり

写真の楽しさに気づいてしまった26歳。自分で撮った写真を載せています。

親知らず

最近歯医者に通い親知らずを抜いているので気付いたことを書いていく。

 
親知らずのせいか知らないが、左顎が時々気になることがあった。
普段は具体的な痛みになって現れるわけではないけど、違和感を覚える程度なんだけど、寝不足が続いたりコンディションがすぐれない時は少し違和感が強まり、顎をさすっているようなこともあった。
痛みとして現れることがなかったので、その時の感覚では別に抜いたりしなくてもいいかなと思っていた。
 
だが、話が変わったのは定期歯科検診に行った時でした。なんでも、親知らずによるくぼみが磨けていないことで虫歯になりかけているそうな。
あとレントゲンを撮ってわかったのだが、左右両方の下顎の親知らずが真横を向いて生えているらしい。それも結構深めに潜っているとも。
これがグイグイと隣の歯を押しているのが違和感の原因らしかった。
 
かかりつけの歯科では施術ができそうにないので近所の総合病院を紹介された。
1ヶ月後を予約し初診。
レントゲンを撮ったり、CTを撮ったり、カルテ?を片手に大学を歩きまわり診察してもらった。
 
診断としては変化はなく、やっぱり深いところで横向いて生えてきているらしかった。
追加でわかったこととしては、深いところに生えているせいで、顎を通る太い神経と親知らずの根っこが隣接しているらしい。
こんなケースでは神経を傷つけてしまい、しびれが残る場合もあるという話もしてもらった。
(もちろんそうならないように慎重に施術するとも。)
 
で、施術自体はなんと全身麻酔で上下左右の親知らずを4本同時に抜くというウルトラCなプランを提案された。
その時はそんなもんかと思ったが、家に帰ってよくよく考えたら、親知らずで全身麻酔はないだろうと我に返り、予約を取り消す旨の連絡をした。
 
疲れたのでここまででやめとく。
気が向いたらまた書く。
広告を非表示にする