進捗報告

全国1億人のコーヒー自家栽培家の皆様、いかがお過ごしでしょうか。近頃、朝晩が肌寒くなってきました気がします。我が家のコーヒーノキは初めての秋、冬を迎えようとしています。

f:id:zap_eel:20171101220814j:plain

彼ら(コーヒーノキ)は見たところ、一応は順調そうに育っています。ただ、トラブルが全くないかというとそういうわけでもなく、たまには事件が起きることもあります。

もう随分と前の話なんですが、植木鉢の土にカビが生えました。金沢京都名古屋を回った際に家を1週間ほど空ける期間がありました。

zap-eel.hatenablog.com
zap-eel.hatenablog.com
zap-eel.hatenablog.com


留守中に枯れてしまってはまずいので、お手製の自動水やり器で常に微量の水を植木鉢に垂らし続けました。これで24時間土が湿り続けるわけで、枯れることはないだろうという魂胆でした。一週間後、家に帰るとそこには元気なコーヒーノキの姿がありました。作戦は成功したわけです。むしろ、一日一回の水やりを忘れてしまうことのあった日常の状態より、留守後の様子の方が元気そうでもありました。ただ、よくよく見ると土が変でした。白っぽいというか、綿毛がついているような。

カビと認識し次第、急いで土を入れ替えた。入れ替えたのは表層20mm程度の土で、入れ替え後はカビを目視で確認していない。ただカビは人が目で見える形になるときはすでに完全体(すでに今ある土地で十分成長し、次なる成長の舞台を求め、胞子を飛ばすために人の見えるレベルまで密度を高めた状態がいわゆるカビの姿[要出典])になっているといつか読んだ気もするので、いまも見えないだけで菌糸となって潜んでいるのかもしれない。油断ならない。

うーん

植物育てるって難しいですね。

以下、スマホで撮影したカビ写真をいくつか載せます。苦手な人は気をつけてください。




















f:id:zap_eel:20171101220847j:plain






f:id:zap_eel:20171101221036j:plain

広告を非表示にする