読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

電気びりびり

写真の楽しさに気づいてしまった26歳。自分で撮った写真を載せています。

富士山を登りました。

[a-ジャンル]写真・カメラ [b-フィルム]天然色 [c-ジャンル]デジタル [d-ジャンル]一眼レフカメラ [e-カメラ]Nikon D5500 [f-レンズ]SIGMA Art 30㎜ F1.4 [ジャンル]山登り

DSC_0111 (2) 富士山の山頂にて、友人の広い背中。思えばこのブログで初めて人の写真を載せるかもしれない。

今日は海の日らしいです。みなさんは海の日いかがお過ごしでしょうか。 3連休な人も、そうでない人も気持ちのいい一日であったことを願います。 ちなみに私はこの3連休の初日に富士山へ日帰り登山をしてきました。

早朝の3時ごろに家を出発し、レンタカーでメンバーをピックアップ。 8時ごろから須走のコースで登山を開始。 小雨が降る中の出発となった。 少し不安だったが、七合目ぐらいから晴れ間が見え、雲海を抜けたころには快晴だった。 八合目付近からは、休憩の頻度が急に多くなった。 休むと途端に元気になるのだけど、登山を再開すると1分も経たないうちに足が鉛のように重くなる。 なかなか面白い体験だった。 14時ごろに山頂へ到着。 山頂付近では高山病?のような症状にひーひー言っていたが、何とか山頂にたどり着くことができた。 帰り道は砂利道を駆け下るので有名な?「砂走」を楽しみつつ、18時ごろに出発地点へ戻った。

一言で言えばしんどかった。だいぶ。

登山と言えば、遠足ぐらいでしか縁がなかった。 今回も友達の誘いがあったから登ったが、たぶん誘いでもなければなかなか富士山に挑戦しようとも思わないだろう。 頂上付近では、おそらく高山病のような症状も出てきて、一瞬ドキッとしたが、なんとか無事に帰ってくることができた。 それに気持ちいい景色は登ってよかったと満足させてくれた。

せっかくカメラがあるので時間を見つけてまた登ってみたいところ。 今回は初めての登山ということもあり、状況がいまいち想定できなかったので、デジタル一眼レフで挑んだ。 それに登ることに精いっぱいで、あまり風景を写すことができていなかったのも若干の無念感が残る。 なんとなく様子が分かった気もするので、次回までには写真に割ける体力もつけたいし、フィルムカメラを携行した登山にも挑戦してみたい。

1468723415667 おまけ。撮ってもらった。雲海と私。飛んでる風に見えるか。靴紐が解けてる。

広告を非表示にする